美容整形で輪郭を修正した結果

親にも理解されない輪郭の悩みは辛い問題

学生の頃からずっと悩んでいたのが顔の輪郭
いわゆるエラが張った状態で、野球のホームベースのような形です。
よくエラが気になって髪で隠している人もいますが、正にわたしがそのタイプでした。
ですからそういった人を見ると気持ちが良く分かりますし、輪郭の悩みは当人しか理解できない辛い問題です。
ただ、当時はどうしようもない悩みでもありました。
骨格の問題でもあったため、自力で解決ができるというものでもないです。
こうした悩みを持っていると何事にも躊躇する気持ちが芽生えてしまいます。
特に恋愛面では苦労をしてきました。
たとえ気になる人がいても、エラが気にされたりするのではないか、この輪郭が理由で振られたりするのではないかと思うと、なかなか積極的になることができません。
次第に外を歩いているだけでも人に見られているような気がしてしまい、引きこもりのような状態になったことも。
ずっとこの悩みを抱えていかなければいけないと考えた時、とても辛い心理になってしまいます。
考えたくないことまで考えるようになってしまい、人生に思い切り悲観的にもなっていたのです。

親にも理解されない輪郭の悩みは辛い問題美容整形に救いを求める現状に思い悩む日々人生での最良の決断は美容整形したこと